「スポンサーリンク」

熱帯地方の天然スパイスをミックスさせたカレー粉に、韓国産果実のチャツネ、トロピカルフルーツピューレを合わせた韓国版レトルトカレー「オットゥギ 3分カレー」

2018/06/19作成
Posted by 舶来品セレクション

오뚜기, 3분카레 (약간매운맛) 레토르트/간편식
Ottogi 3 Minute Instant Curry Medium Hot 7oz
オットゥギ 3分カレー インスタントカレー 中辛 200g



 昨日(2018/06/19)大阪で大きな地震【大阪北部地震】が発生しました。心からご冥福をお祈りいたします。  大阪では、豊臣秀吉の時代の「天正地震」以来の大地震と言われているそうで、「東日本大震災」を受けた私達にとっては、大地震がいよいよ現実的になってきた気がします。

そんなこんなで、最近特に保存にかなり強い「レトルト加工食品」を国産は元より外国製品もまとめて買ってまして、意外にもインスタント食品とは違ってレトルトは、保存料や殺菌料を使用しないのが嬉しいですね。

 今回は、お隣韓国のレトルトを見つけてきました。向こうでも日本式のカレーがブームなようで、これは韓国初のレトルトカレーで有名な「オットゥギ社」の「3分カレー」になります。(日本ではコレしか手に入らない!)

 購入場所は、オンライン販売の「韓国市場」で、火曜の1円セールに合わせての購入。しかも3パック買うと更に一個30円引きと超オトクなお買い物でした。


韓国
購入場所: 韓国市場 230円(税込)
内容量 200g
원자재:정제수, 양파(중국산), 감자(미국산:감자, 산도조절제), 혼합과일소스[사과(국산),배(국산)],
열대과일퓨레, 쇠고기, 당근, 혼합제제(변성전분,백설탕,덱스트린), 식물성유지, 감자, 사골엑기스,
토마토페이스트, 카레분1.2%, 유크림, 오뚜기참치간장분말, 마늘, 쇠고기브이용, 정제소금, 백설탕,
양파맛분말, 비프맛양념, 향미증진제, 향신료, 고추분, 강황추출액, [우유, 대두, 밀, 토마토, 쇠고기 함유]
이 제품은 계란, 새우, 돼지고기, 호두, 닭고기, 오징어, 조개류(굴, 전복, | 포함)
를 사용한 제품과 같은 제조시설에서 제조하고 있습니다.

原材料:水、タマネギ、ニンジン、カレールー(小麦粉、パーム油、カレー粉)、牛肉、トウモロコシ、チャトニー、ミルククリーム(乾燥重量1,7%)、カレーペースト、タピオカデンプン、コーンスターチ、マーガリン 、トマトペースト、マンゴーポレエ、ニンニク、カレー粉、砂糖、香味増強剤e621、ワトスターシャーソース、ビーフレッグボーンエキス、ビーフエキス、スパイス。

メーカー&ブランド紹介

From Products (오뚜기 3분 카레)
メーカー (주) 오뚜기
Ottogi Co., Ltd. オットギ

http://www.ottogi.co.kr/
大韓民国京畿道安養市東安区
창업자: 함태호
創業者:ハム・テホ氏(咸泰浩)
1969年創業
韓国証券取引所上場:(KS: 7310)
Company Profile
 オットギ社(オットゥギ)は、インスタント食品や調味料など様々な加工食品を製造販売している韓国の大手食品メーカーです。 会社は、1969 年に設立。首都ソウルのベッドタウン安養市(アニャン)に位置する韓国食品業界第二位の上場企業になります。


ⓒ 오뚜기 | Thanks Souce by ojsfile.ohmynews.com
韓国食品産業の生き証人。だるまグループ創業者ハムテホ名誉会長1930/06/15-2016/09/12

 オットギの社史は、キューバ危機やベトナム戦争が起きた60年代。
ポリッコゲ」:春の端境期(はるのはざかいき )と言われるほど、韓国では、深刻な食糧不足問題が起きていました。

米がなくて春を麦でしのぐことで、厳しい食料局面を表す。出典:韓国語辞書

そこで創業者ハム・テホ氏は、ご飯を主食としながらも辛味を楽しむ食習慣を持つ韓国人に、「ご飯の上に乗せてスパイシーな味を楽しむことができるカレー」を考案。1969年5月、前身の「豊林商事」を創業と同時に、韓国で最初のカレー食品「オットギ粉末カレー」を発売し、そして更に、電子レンジが一般家庭に普及し始めた 1981 年、韓国初のレトルトカレーオットギ3分カレー」を打ち上げ、発売と同時に爆発的な人気を呼び起こし、初年度だけで約400万個の販売を記録。今日も続くレトルトブームの起点となりました。


문화 대한민국 카레 역사를 처음 쓴 '오뚜기 카레' | Thanks Souce by ojsfile.ohmynews.com

 またテホ氏は、グローバル企業と激しい争奪戦を繰り広げる中で、“純粋な我々の市場を開拓しなければならないという使命感”を抱き、「だるま」が倒れてもすぐに起き上がる事から『オットギ(韓国語で“達磨”の意味)』と名付け、マヨネーズの「ベストフーズ社(Best Foods)」やケチャップの「ハインツ(Heinz)」などに対抗して、1971 年にトマトケチャップ、1972 年にはマヨネーズを国内で初めて発売。

また2004年には、健康維持に関心を持つ多くの消費者のニーズを満たすために、βグルカンや食物繊維が豊富な麦芽などを原料に、ウコン含有量をさらに増強した高級カレー「オットギ百歳カレー」ブランドを開発。 今では、韓国食生活に欠かせない存在となっています。

現在、オットギ社は、家に持ち帰って食べる調理済み料理HMR:「Home Meal Replacement」家庭用ガンピョンシクの第一人者として、食料品の製造や販売業などを事業目的とします。 そして、9つの傘下企業と10の関係企業を担い、レトルト食品やインスタント&乾燥食品、調味料ソース類、冷凍食品などを提供。 2016年12月には、2兆106億ウォン(約2017億円)の売上高を達成させています。


Ramen - Rich and Tasty Soup with Chewy and Soft Texture | Thanks Souce by ottogi.en.ec21.com
参考資料: connectamericas.com : ohmynews.com: nocutnews.co.kr : superich.heraldcorp.com :

「スポンサーリンク」

3분 카레는? 오뚜기 3분 카레는 향긋한 열대지방의 천연향신료로 만든 과일소스와 국산과일로
만든 쟈스네, 열대과일로 만든 열대과일퓨레가 잘 어우러져 깊고 부드러운 맛이 살아 있습니다.
3分カレーとは? オットゥギの3分カレーは、香ばしい熱帯地方の天然スパイスを使ったフルーツカレーソースに、国産果実のチャツネ&トロピカルフルーツ・ピューレを加えてよく調和し、深くまろやかな味わいが生きています。





レンジで2分。お鍋で3分!


家庭用ガンピョンシク: オットゥギ 3分カレー インスタントカレー 中辛


 中の具材は、四角く刻んだ「玉ねぎ」と「人参」に、「牛肉」のブロックが少し。
色合いは、黄色みがかったやや茶褐色。

ルーは、ちょっと水分が多い気もしますが、トロッとした感じの日本カレーとほぼ同じ感じ。粘りのあるジャポニカ米と、ルーの相性が良く合ってます。そう世界初のレトルト「ボンカレー」にそっくりです。


パッケージの表記は「ミディアム」:中辛ですが思ったほど辛さはなく、「リンゴ」と「ハチミツ」ではないですが、韓国で収穫された果実で作られたチャツネトロピカルフルーツのピューレをスパイスで合わせたルーは、甘くジューシーで、コクと旨味もしっかり。ほのかにスパイシーさが残る辛さで、子どもの頃を思い出すレトルトカレーと言った感じでした。

もちろん! 大韓(テハン)カレーの付け合せは、「キムチ」&「韓国のり」で決まりでしょう!韓国式に“まぜまぜ”するのはお好みで!!
韓流に強いeコマースサイトや新大久保ならどこでも売ってますよ。 韓国初のレトルトカレー「オットギ 3分カレー」のレビューでした。

★>楽天市場【3分カレー】で検索

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【オトギ】オットギ 3分カレー200g (中辛)200g 1人前
価格:195円(税込、送料別) (2018/6/19時点)


いかがでしたか?
ブログ村 ランキング参加中

にほんブログ村

오뚜기 백세카레 30초



カレー・レビュー

パラックパニール
ほうれん草とカッテージ
チーズカレー

ローザー ツナ グリーンカレー

キッチンズオブインディア チキンカレーペースト


アルマタル ポテトと豆のカレー

ギッツ、レディ・トゥ・イート・ミール、ダルパラック

MTR レディトゥイート カリパコラ レトルトカレー

シー・フェア・パシフィック グリーン アルバコアカリー(ビンナガマグロのカレー)

フレッシュメイト レディトゥイート サルソン・カ・サグ、からし菜レトルトカレー

タージフーズ キーマ・マタール(キーマカレー)

グレート・イースタン・サン, マザー・インディア・オーガニクス, ダルマカニ 小豆カレー

グレートイースタンサン マザーインディア オーガニクス チャナマサラ ホットスパイシー レトルトカレー

キッチンズ オブ インディア ピンディ・チャナ ひよこ豆のレトルトカレー


コメントはこちらへ

TOPページヘ
舶来品セレクション
Copyright (C) 2011- Tama Ani All rights reserved.