「スポンサーリンク」

ポップコーンを連想させる世界の高級香米:ジャスミンライス、タイの「ゴールデンフェニックス ブランド」

2018/07/02作成
Posted by 舶来品セレクション

kitoku-shinryo Golden Phoenix Jasmine Rice 15.87oz
木徳神糧 ゴールデンフェニックス タイ香り米 ジャスミンライス 450g



 今回は、何時もエスニック料理に使っている長粒米:タイ米のご紹介。
カルディファンなら、既にご存知かと思いますが、香り米木徳神糧 ゴールデンフェニックス ジャスミンライス」です。

香り米とは、別名:ジャコウ米(麝香米)。世界で“最高級なお米”として知られた、炊くとより香ばしく薫り、ジャスミンの白い花のように真っ白なことからジャスミンと呼ばれています。ちなみにジャスミンの香りはしません。


5月12日、13日に代々木で開催された「Thai Festival TOKYO 2018」

KITOKU SHINRYO社のブース。

タイフェスティバル特価で、税込み300円!100円近く値引きされてました。でも持ち帰るのがお米なので重い、嵩張る!!

タイ王国
購入場所: カルディコーヒーファーム 398円
内容量 450g 3合
原材料:玄米(複数原料米 タイ国産10割)

メーカー&ブランド紹介

From Products (Golden Pheonix Jasmine rice) and jobbkk.com
メーカー Chia Meng Co., Ltd.
チアメン社

International :http://www.chiameng-rice.com/
Thai : https://www.hongthongrice.com/home/
Chalermprakiat, Nakhon Ratchasima, Thailand
タイ王国ナコーンラーチャシーマー県
ムアンナコーンラーチャシーマー郡

1937年創業
Founder: Mr. Bualim Saekow
创业者:許滿淋先生
親会社Bangsue Chia Meng Rice Mill
Company Limited(BSCM)
バーンスー・チアメン・ライスミル社

http://www.bscm.co.th
Company Profile
  チアメン社(Chia Meng Co., Ltd. )は、世界で最も優れた米ジャスミンライス”を80年以上も手がけるタイの大手コメ生産会社です。

会社は、タイ東北部ラムタコーン川が流れるムアンナコーンラーチャシーマーに位置し、1937年当時、深刻な飢餓問題が起きていた中国大陸よりシャム王国に移住した現社長の祖先:Bualim Saekowによって設立。彼は、プロフェッショナリズムに基づいた公正で質の高い米を生産することを目指し、不死鳥を意味する「ホン・トーン(Hong Thong)」ブランドを立ち上げた事から始まります。それは、タイ王国で最初の米穀卸売業者だったと言われています。


Marking 80 years, Hong Thong Rice aims for 400,000-tonne output | Thanks Souce by nationmultimedia.com (The Nation)


| Thanks Souce by Youtube

 現在、チアメン社は、アジアの一大食糧生産基地と言われる肥沃なタイ中央部で収穫された「コメ」を徹底した安全管理のもとで、ラピッド・ビスコ・アナライザーなどの現代技術を駆使し、月当たり約2万トンを生産。 また、『ゴールデンフェニックス(Golden Pheonix)』の世界の高級香米として知られるジャスミンライス、別名「カオホムマリライス(Khao Hom Mali Rice)」は、塩分を含んだ土壌が特色のコラート高原で一年作で栽培されています。

その他に、食品のミシュランガイド:iTQi で3度の受賞歴がある「Q-Rice」、タイホームマリライスの美味しい味を低価格で提供する「ゴールデンクレーン(Golden Crane)」などのブランド米の他、オーディナリーライスなどの一般的なプライベートラベルも提供。 文字通り「美しい米」を意味する「カオ・スアイ(Khao Suay)」を香港やシンガポールなど世界各国へ輸出します。



| Thanks Souce by chiameng-rice.com

 またチアメン社は、1996 年日本へ最初にジャスミンライス(カオホンマリ))を輸出したメーカーとしても知られ、現在は、創業1882年の老舗米穀事業会社、ジャスダック上場企業「木徳神糧 株式会社(東京都千代田区神田小川町)」が取り扱います。

参考資料: thaitrade.com : mihightech.com : bangkokpost.com : ryt9.com:

「スポンサーリンク」



ジップ式パック。1袋三合入り。


木徳神糧 ゴールデンフェニックス タイ香り米 ジャスミンライス


別名タイでは「カオホムマリライス(Khao Hom Mali Rice)と呼ばれる香米ジャスミンライス


左:タイ香り米ジャスミンライスと、右:福島県相馬産コシヒカリ
より細長いスマートな粒で、真っ白に光ります。


品質保持の為、脱酸素剤を封入。

 裏面には、炊飯器でも出来る美味しい炊き方が記載されてますが、今回は、電気釜を使わずに、お鍋を使ってご飯を作ってみました。
ぶっちゃけ電気釜で炊くよりも茹でるほうが、失敗しづらく時間が掛からないので、私は楽だと思います。

お米は、研がなくてもOK!
研ぐのはあくまでも、ぬか臭を取り除くためのものなので要りません。汚れが気になる方は、ちょっと水で「ゆすぐ」だけで良いと思います。
日本のコメのように、しっかり研いでしまうと、薫りが飛んで味気ないご飯に・・・・


ゆすいだら、沸騰させたお湯(浸かるくらいの適量)に、入れて10分茹でるだけ


お湯が多い時は、吹きこぼしに注意!


10分たったらザルで、湯を捨て、また鍋にお米を戻して、


5分前後、蓋をして蒸らしたら出来上がり。

 炊きあがり(茹で上がり)は、当然ぬか臭が全くなく、フワッとポップコーンのような甘く香ばしい薫りが漂います。鼻が慣れてしまうが勿体無い!


ミックスベジタブルを使ったジャスミンライスのベジタリアンピラフ。


出来栄えは、パラッとほぐれる軽い食感。


カレーライスにタイ香り米を!


水分多めのルーが、ライスによく染み込んで相性は抜群!

 米自体は、水分を吸収しずらいために粘りが無くパラパラッとした質感。香ばしさが強く、甘味はやや弱めな味わいで、フワフワと浮いているようにも、日本のご飯の様にベタッモチの食感ではありません。
芳香が強い料理に負けず、香りの相乗効果が得られる、かなり特別な食材と言えそうです。(現地では、昔は特別な行事に振る舞われていたようです)

エスニック料理の時は、ライスも食べ慣れた“ジャポニカ米”から“インディカ米”に変えて料理に華を添えては如何でしょうか? 「木徳神糧 ゴールデンフェニックス タイ香り米」のレビューでした。

★>楽天市場【ジャスミンライス】で検索

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木徳神糧 タイ香り米(ジャスミンライス)450g
価格:398円(税込、送料別) (2018/7/1時点)


いかがでしたか?
ブログ村 ランキング参加中

にほんブログ村

Golden Phoenix Thai Hom Mali Rice TVC (Cantonese)



Chiameng eng



関連品・レビュー

トムヤムクリスプ, トムヤム ドライシュリンプ&カシューナッツ

コヒヌール エクストラ フレーバー バスマティライス

タロー フィッシュスナック ホットチリ フレーバー



コメントはこちらへ

TOPページヘ
舶来品セレクション
Copyright (C) 2011- Tama Ani All rights reserved.