「スポンサーリンク」

かの皇帝ナポレオンも「ジュヴレ・シャンベルタン」と愛し、ロイ・デ・フロマージュ=チーズの王様と呼ばれたウォッシュタイプチーズ。鮮烈な香り!中はクリーミー!!マリアージュ 神の雫で主人公:神咲雫を負かしボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー ドメーヌ・ド・オート・モリエールの合わせは、まさにゴールデン・コンビ・マリアージュです。

2017/12/01作成
Posted by 舶来品セレクション

Époisses Berthaut, Fromage 8.81oz
エポワス AOP ベルトー, フロマージュ(エポワスチーズ)250g



 11月16日(水曜日)、2017年のボジョレー解禁と言うことで、今回はボジョレーヌーボーワインによく合うチーズを探してきました。 流石に、ワインの知識は素人なので、あの有名なコミック・モーニング連載中の「マリアージュ 〜神の雫 最終章〜」を参考に、ちょっとお高いフランスのウォッシュタイプチーズ「エポワス・ド・ブルゴーニュ(Époisses de Bourgogne)」を、幾つかのワインと共にご紹介です。


 ちなみのウォッシュタイプチーズとは、熟成の過程において、塩水やワインなどで外皮を洗いながら作るチーズの事で、独特の強烈な匂いが特徴で、通好み・上級者向けとも、フランス人でもこの強い香りが苦手な人もいるそうです。
 また、コミック「美味しんぼ」にも登場したノルマンディの三大チーズ「リヴァロ」なんかもこの種類に入ります。

 でこの「エポワス」は、 ブドウの絞り粕“オリ”をもとに製造する蒸留酒「マール酒」と塩水で洗って作るそうで、それ故にお値段も2000円以上するかなり贅沢な一品。


出典: Wikimedia ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト

かの皇帝ナポレオン・ボナパルトも、熱烈なファンだったとか、またフランスの有名なエピキュアで美食家「ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン氏(M. Jean Anthelme Brillat-Savarin)」がかつて「チーズの王様」と絶賛した経緯があると言われています。


陶器の容器に入った珍しいマール酒ガブリエル・ブディエ マール・ド・ブルゴーニュ(Claude Dugat Marc de Bourgogne)」。
味は、レーズンやプラムの様なフレッシュな香りが特徴。


 流石にお高いので、毎年恒例の11月11日に、東京渋谷区恵比寿で開催された「2017年 チーズフェスタ」での特価購入になります。

フランス
購入場所 恵比寿 チーズフェスタ 2017 2240円
代理店:サヴァンシア フロマージュ&デイリージャポン 株式会社
http://fs.savencia-fromagedairyjapon.com/
内容量 250g
Fromagerie Berthaut 21460 Epoisses
Ingrediénts: Lait de vache pasteurisé, sel, présure, ferments, Marc de Bourgogne.
原材料:低温殺菌した牛乳、塩、レンネット、酵母、マール・ド・ブルゴーニュ。
2度~8度で保存。
栄養成分 100g当たり
カロリー 1204KJ
291Kcal
脂肪
- 飽和脂肪酸
24g
- 17g
炭水化物
- 糖質
0g
- 0g
塩分 1.8g
タンパク質 18g - -

「スポンサーリンク」

メーカー&ブランド紹介

From Products(Époisses-Berthaut)
メーカー Fromagerie Berthaut S.A.
フロマジュリー・ベルトー社

http://www.fromagerie-berthaut.com
7 Rue du Champ de Foire, 21460 Époisses, France
フランス共和国コート=ドール県エポワス

1956年創業
Fondateur: M. Robert Berthaut, Mme. Simone Berthaut
創業者:ロバート・ベルトー氏、シモーネ・ベルトー氏
Company Profile
  フロマジュリー・ベルトー(Fromagerie Berthaut S.A.)は、エポワス・ド・ブルゴーニュ(Époisses de Bourgogne)で知られたフランス・ブルゴーニュ地方のチーズ製造メーカーです。
会社は、ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏のコート=ドール県エポワスに位置し、1956 年ベルトー氏によって設立。ルスティックチーズ(Le Rustique)や、クールドリヨン(Coeur de Lion)カプリス・デ・デュー(Caprice des Dieux)などのブランドを傘下にするフランス最大のチーズメーカー『サヴァンシア・フロマージュ&デイリー(Savencia Fromage & Dairy)』の子会社として運営されます。


Epoisses - Chateau | Thanks Souce by wikimedia
フランス中部、マスタードで有名なディジョンとサッカークラブ「AJオセール」で知られたオーセルの中間に位置するエポワス村

Époisses : Simone et Robert Berthaut ont fêté leurs noces de platine | Thanks Souce by cdn-s-www.bienpublic.com
2016 年プラチナの結婚式を祝う創業者のベルトー氏夫妻

 エポワスの起源は古く、伝承によると既に16世紀初頭には、エポワスの小さな村にあるシトー派の修道院(Abbaye de Citeaux)の修道士たちにより作られていたそうで、それから200年後、村から修道士が出るときに、ブルゴーニュの農家の人々へレシピが伝承され、時代と共にチーズの品質が向上していきました。
 しかし長引く戦乱の最中、男たちは戦場へと駆り出され、女性たちは本業である農業に従事。次第に作り手が、いなくなり廃れてしまったそうです。

 そして戦後の1956 年。チーズのレシピを知る小さな農家を営むベルトー夫妻が、地元の献身的な人たちと共に伝統的な技術を動員し、ブルゴーニュ地域の地元産物としてエポワスチーズの製造に成功。1991 年には『A.O.C.』原産地呼称統制がフランスの国家機関より与えられ、ヨーロッパやアメリカ、日本、オーストラリアなど世界15カ国以上に輸出。会社は大きな成功を収めております。


Les fiertés de la Bourgogne avec la fromagerie Berthaut | Thanks Souce by Youtube
資料: bienpublic.com : fromages.com : thecheesecourse.com


エポワス・ド・ブルゴーニュ『エポワス・ベルトー, フロマージュ』
大きさは、10cm強、3cm~4cm厚、円形のフランス・ブルゴーニュ地方のウオッシュタイプチーズ。


ビニールを剥がすと、かなりの発酵臭が漂うので、食べるまでは開披しないほうが良いかと。ビニールの上からでもチョット薫ります。


Affiné au marc de Bourgogne, Appellation d'origine Protégée(原産地名称保護制度)


王道ですが、相性の良い同郷のブルゴーニュワインと合わせてみました。「セニョーリ・ダルセロ(Seigneurie d'Arcelot)」の『コート・ド・ボーヌ ヴィラージュ(Côte de Beaune-Villages)』2014、とブルゴーニュ地域圏コート=ドール県コート・ド・ニュイ『ド・アウレオ・スピリット ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ(De Aureo Spirito, Côte de Nuits Gevrey Chambertin Vieilles Vignes)』2012。


買ったばかりで、熟成がまだ若いエポワスチーズは、ワインをブレンドした「セニュリ・ダルセロ コート・ド・ボーヌ ヴィラージュ」と。


賞味期限が近い、又は過ぎた熟成の進んだものなら是非「ジュヴレ・シャンベルタン」を!

かの皇帝ナポレオン・ボナパルトも、“シャンベルタン”とこの“エポワス”の組み合わせは、熱烈なファンだったとか、またフランスの有名なエピキュアで美食家「ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン氏(M. Jean Anthelme Brillat-Savarin)」が、“ロイ・デ・フロマージュ(Roi des Fromages)”「チーズの王様」と絶賛した経緯があるほど。

さてこれからが本題。折角なのでコミックで紹介されていたワインとのマリアージュ!


登場は、「マリアージュ 〜神の雫 最終章〜」 第二巻 #17 神のマリアージュにて

 作品では、2014 年物の季節外れなボジョレーを用意したそうですが、流石に手にはいらないので、今回用意したのは、トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー最高金賞受賞(2007)の 今年2017 年のボジョレー「ドメーヌ・ド・オート・モリエールボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー(Dom. de Haute Moliere Beaujolais Villages Nouveau)」。と 「エポワス・ベルトー


ドメーヌ・ド・オート・モリエール ボージョレ とエポワスチーズ!


 表面は、シワのある筋が特徴。 美しいライトブラウンの硬い層に、淡いクリーム色のトロッと溶ける中身がたっぷりと包まれてます。 そしてこの硬い塩水とマール酒で洗った層が、かなりの発酵臭を醸し出しており、香ばしくも魚醤と言うか魚の干物の様なウォッシュ特有の鮮烈な香りが感じられます。

無論、この色は着色料ではなく、何度もマールによって洗われ熟成し生まれた、自然な色との事。


普通のチーズのように、下の紙を剥がし切り取って食べるか、スプーンやナイフですくって食べてもOK。

 メインの中のチーズは、弾力のあるネットリとトロけるクリーミーな感じで、ふくよかな力強い味わいと共に、かなり強めな塩気が感じられました。

 それ故にコミックにも書かれていた通り、ワインの軽やかさが、余韻に残るチーズの癖のある味わいを絶妙な掛け合いで演じる「お互いの存在がお互いを輝かせる最高の相棒、ゴールデン・コンビ・マリアージュ」。 エポワスによってボジョレーの味が強められ、ボジョレーによってエポワスが弱まる『味の対比・抑制効果』が生まれていると言えそうです。


神咲 雫 「・・・・・・」

 余談ですが、主人公の神咲 雫が用意した「ポン・レヴェックチーズ」とワイン「サン・イシドロ グラン・セレルヴァ」の組み合わせは、この上のマリアージュによって敢え無くライバル:遠峰一青に敗北しました。 主人公負けちゃいました・・

ちなみに、このお値段、ワイン:2138円、チーズ特価で2344円(市価:2400~4000円)。とエポワスのほうが、かなり高価です。主人公の方は、ワインが高い。



また、食べ方ですが、ちょっと勿体無い気もしますが、臭いがきつい人は、表皮を外して食べるのがオススメ。だいぶ緩和されます。パンやクラッカーに塗って焼いてしまうのもOK!非常においしくなりますよ。

ただこの香り、日本人ならば慣れ親しんだ干物系の臭いに近かったので、私的には、バゲットに塗ってそのまま食べるのが、かなりお気に入りでした。(残り香が強いので、触ったら手洗い必須!)

 お互いを引き立てあう同じ産地のブルゴーニュワインと一緒に!ウォッシュチーズ「エポワス」のレビューでした。

★>楽天市場【エポワス】で検索

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベルト—社 チーズ エポワス AOP ウォッシュタイプ フランス産 250g
価格:2376円(税込、送料別) (2017/11/30時点)


いかがでしたか?
ブログ村 ランキング参加中

にほんブログ村

Les fiertés de la Bourgogne avec la fromagerie Berthaut



チーズ関連品・レビュー

ガルバーニ ベルパエーゼ

ミニ カプリス・デ・デュー 白カビタイプチーズ

キャステロ クリーム ペッパー ナチュラルチーズ
 
エンボルグ ダナブルー クラシックチーズ
 

ルスティック プチ・カマンベール ナチュラルチーズ
 
カピティ チュテレモアナ チェダーチーズ スタンディング ストロング オーバータイム


コメントはこちらへ

TOPページヘ
舶来品セレクション
Copyright (C) 2011- Tama Ani All rights reserved.