「スポンサーリンク」

昔ながらのデンマークのブルーチーズ「ダナブルー」

牛乳を使いピリッとしたシャープな後味と穏やかな風味が特徴です。
2017/02/11作成
Posted by 舶来品セレクション
チーズ
エンボルグ
Emborg
ブランドHP
Emborg Danablu Cheese Classic 3.52oz
エンボルグ ダナブルー クラシックチーズ 100g
デンマーク
購入先 2016年 チーズフェスタ会場内にて 300円



 今回のレビュー、昨年のチーズフェスタで見つけたブルーチーズのご紹介です。ブルーチーズと言えば、イタリアのゴルゴンゾーラやイギリスのスティルトンがメジャーですが、これは、ドイツ北部にある北欧デンマークの物です。


 このチーズの歴史は、1850年代、農家の嫁だった "ハンネ・ニールセン氏(Hanne Nielsen(1829-1903)"が、フランスの3大アオカビチーズ『ロックフォール』に触発されて、デンマークで最初のブルーチーズとして作られたもので、それを酪農・実業家の"マリウス・ボエル氏(Marius Boel)"が、1915 年に改良した物と言われています。
そして、デンマークのブルーチーズ: Danish Bla Ost(Danesh Blue Cheese)「ダニッシュ・ブルー・チーズ」を改め短縮して「ダナブルー」と呼ぶようになったそうです。

内容量 100g
輸入者:株式会社 東京デーリー (東京都江東区木場)
Danish Blue Cheese, 50% f.i.d.m. 29% total fat, Moisture Max 47%
デンマークブルーチーズ、固形分中の脂肪分50%、総脂肪29%、最大水分47%
Ingredients: Cow's milk, salt, lactic culture, microbial rennet, Penicillium Roqueforti.
原材料:牛乳、塩、乳酸菌、微生物レンネット、ペニシリウム・ロクフォルティ。
栄養成分 100g
カロリー 341Kcal 糖質 0.5g以下
脂肪 29g タンパク質 20g
飽和脂肪酸 18g  ナトリウム 3300mg
炭水化物 0.5g以下 塩分相当 8.33g

メーカー&ブランド紹介

From Products(Danish Blue Cheese) and 出典 emborg.com
メーカー Uhrenholt Meat A/S
ウーレンホルト・ミンデ社
Teglgardsparken, Middelfart, Denmark
デンマーク王国ミゼルファート、タイルゴースパーケン

1978年設立
Emborg エンボルグ
1947年創業
Grundlagger: Hr.Erik Emborg
創業者:エリック・エンボルグ氏
Company Profile
  ウーレンホルト・ミンデ社(Uhrenholt Meat A/S)は、小売から卸売業や外食産業など幅広い製品を取り扱うデンマークの食品会社です。
本社は、ユトランド半島を結ぶフュン島西部の都市ミゼルファートに位置し、1978 年に設立されました。
会社の前身は、デンマークのビジネスマン"エリック・エンボルグ氏"が、1947 年、デンマーク初の冷凍食品会社を設立。後に食肉や魚介類など幅広いポートフォリオを中東地域へ輸出し、大きな成功を収めたと言われています。


hrenholt fik gevinst ved at ga tilbage til kerneforretningen| Thanks Source - landbrugsavisen.dk ( Foto: Jens Tonnesen.)
元病院の建物に本社を置く「Uhrenholt Holding A/S」

 現在のウーレンホルト・ミンデ社は、創業以来のエンボルグ(Emborg)をグローバルブランドに、20カ国以上の国と地域にオフィスを構え、300以上の製品を世界84カ国で販売する多国籍企業として成長。乳製品や魚介類、肉製品だけでなく、冷凍野菜までの広い範囲をカバーしています。


Emborg UHT Milk Commercial | Thanks Source - youtube

また、会社のロゴマークは、世界各国へ輸出する2艘の船と、デンマークを代表する童話作家「ハンス・クリスチャン・アンデルセン」の作品の一つ『不動の錫兵士(日本名:しっかり者のスズの兵隊)』をモチーフに、国際的な食品会社を連想する様に描かれています。

「スポンサーリンク」


A traditional and classic Danish blue cheese with a distinctive and creamy flavour.
クリーミーな伝統的な独特の風味を楽しめる昔ながらのデンマークのブルーチーズです。



開封すると途端に広がる鋭い香り。発酵臭は結構強めです。

 大きさは、10cm * 10cm * 2cm。三角形のブロック状に切り分けられた、所々に穴が見えるアオカビタイプのチーズ。


エンボルグ ダナブルー クラシックチーズ

このカビは、ペニシリウム属のカビの一種「ペニシリウム・ロックフォルティ」を使って熟成させたチーズで、アオカビと言えば、パンやミカンなどでも見つけられますが、これは毒性の無い「カビ」です。


セミソフトな感触で、中も表面もたっぷりのアオカビで浸食されており、凄まじい霜降りです。

最初の一口目は、爽快感のある滑らかな味わいで、しっかりとした塩味と共にピリッとした酸味が効き、ふくよかな甘みが後に残ります。


オリジナルの小麦粉「メゾンカイザートラディショナル」で作られたハードパン"バゲットモンジュ"と一緒に!


 脂肪含有量が多いためか、力強い味わいながらも、独特の癖は弱く、クリーミーな食感も加わって、意外と食べやすいブルーチーズだと思いました。初心者向けかもしれません。また伸びやすいのでスプレッドとしてパンなどに乗せて食べても。
 ただ塩分量は、かなりありますので、食べ過ぎると後で喉が渇くのでご注意を!

 ちなみに原材料は、ロックフォールでは "羊乳" を使いますが、このダナブルーは、馴染みのある "牛の乳" を用いており、更に熟成期間は、2~3か月とやや短めなことから、独特のクセを抑えた味わいが特徴とのこと。 デザートチーズとして果物と一緒に食べたり、砕いてサラダに塗すのもオススメですよ!

デンマークのブルーチーズ「Emborg ダナブルー クラシックチーズ」のレビューでした。


いかがでしたか?
ブログ村 ランキング参加中

にほんブログ村

Emborg UHT Milk Commercial





コメントはこちらへ

TOPページヘ
舶来品セレクション
Copyright (C) 2011- Tama Ani All rights reserved.