“iHerb”で海外通販(日本語)を始めよう!!
初回注文 $10 OFF!:CODEIHERBJP10, MUK6452回目以降も 5% OFF


「スポンサーリンク」

元祖、東南アジアの白いコーヒー「イポー オールドタウン」

コーヒー豆の「三原種」をブレンドした香り豊かなでミルキーな味わい
2013/10/25 作成
Posted by 舶来品セレクション
コーヒー
オールドタウン・ホワイトコーヒー
OLD TOWN WHITE COFFEE
メーカーHP
舊街場 白咖啡
Old Town Classic White Coffee 3in1 40g*15
オールドタウン・クラシック ホワイトコーヒー
3in1 15袋入り
マレーシア
購入先 16RM~18RM マレーシア・リンギット
500円前後(1RM=30円)



 前回のトルティーヤチップススナックに続き、職場の後輩から貰ったマレーシアのお土産の一つ、東南アジアで有名な「ホワイトコーヒー」です。
コーヒーといえば黒(ブラック)をイメージしますが、その対比したホワイトの名前は、コーヒーを焙煎する際にマーガリンやパームオイルなどを加えて作られ、そのできあがりは白く特徴的であることから付けられたそうです。


Thanks By flickr,old town white coffee-Krista & prangin mall inside


プランギン1Fにあるオールドタウン・ホワイトコーヒー

首都クアラルンプールから飛行機でおよそ1時間、マレーシア、マレー半島の北西部の島、美しいビーチと歴史ある建造物で有名なリゾート地ペナン島、そのペナンで最も人気のあるショッピングモール「プランギンモール」PRANGIN Mall、フロアは、1F~5F 内部は吹き抜けになってます。

内容量 15袋入り
Ingredients: Creamer (Glucose Syrup, Palm Kernel Oil, Coconut Oil, Lactose, Sodium Caseinate, Permitted Stabilizer (E340, E452i) & emulsifiers (E471,
E472e), Anticaking Agent (E551, E341),
Natural Cane Sugar & Instant Coffee.

原材料:クリーマー(グルコースシロップ、パーム核油、ココナッツオイル、乳糖、カゼインナトリウム、安定剤抗酸化物質(E340,リン酸カリウム)、乳化剤(E452i,ポリリン酸、E471 ジステアリン酸グリセリル、E471 グリセリンジアセチル酒石酸脂肪酸エステル)、 固化防止剤 (E551 二酸化ケイ素、E341 リン酸カルシウム)、
天然ケインシュガー&インスタントコーヒー
栄養成分 1スティック
カロリー 192.3Kcal タンパク質 1.6g
脂肪 6.7g ナトリウム 220mg
飽和脂肪酸 6.2g コレステロール 0mg
トランス脂肪酸 0.3g 食塩相当 48mg
糖質 14.3g 食物繊維 0.2g
角砂糖換算 4個相当 炭水化物 31.4g
メーカー&ブランド紹介

From Products (Liqueur Cake)
White Cafe SDN.BHD. 舊街場 白咖啡
オールドタウン・ホワイトコーヒー グループ
Subang Jaya, Selagor, Malaysia
マレーシア セランゴール州スバン・ジャヤ
1999年設立
創業者 Goh Ching Mun AND Tan Say Yap
ゴー・チン・ムン&タン・セイ・ヤップ
発祥 Ipoh, Perak, Malaysia.
マレーシア,ペラ州イポー
Company Profile
 "Old Town White Coffee" オールドタウン・ホワイトコーヒーは、東南アジア地域において広く知られる独特の珈琲飲料です。
1958年、首都クアラルンプールより200Kmほど北に離れたマレーシア北部に位置するペラ州のイポーで、古典的な喫茶店で白いコーヒーを出されたのが前身で、このユニークな飲み物は瞬く間に各地に広まります、
そして、1999年上質の白い珈琲をマレーシアの家庭で楽しんで頂こうと、業界で10年間以上のキャリアを持つゴー・チン・ムン氏とタン・セイ・ヤップ氏の共同設立者によって「オールドタウングループ」が創設され『OldTown White Coffee 3-in-1 Instant』の発売を開始、国内に約1400店、海外では、シンガポール、香港におよそ2600店の小売店で販売されるまでに発展し東南アジアで幅広く親しまれる様になりました。また、更に事業拡大を行い伝統的なイポーの喫茶店を設定した雰囲気溢れるカフェチェーンを展開、ジャカルタ、中国を含む228店舗(2013年)のアウトレット店で、ゆったりとした時間の中で伝統的な製品が楽しめます。2010年の上海万博には、マレーシアパビリオンで公式飲料の一つとして採択され、すべての商品は、HACCP認証やマレーシア政府ハラール認証機関(JAKIM) 承認を受け、非宗教的で合法な食品である事を主張、最も厳しい規律を固く守り通し、東南アジアの多様な宗教に合ったどなたでも楽しめる飲料です。

Thanks By flickr,Awang Muhamad Nasuha,old town white coffee at KIA
Thanks By flickr,White Kopi - Old Town Kopitiam AUD3,Alpha

カフェチェーン "Old Town White Coffee" オールドタウン・ホワイトコーヒー
マレーシアの各地いたる所にショップがあり、特に馴染みが有るのは、クアラルンプール国際空港にも出店し、5階の出発階 F&Bアウトレットや国際線フロアに店舗があります。

「スポンサーリンク」


「Old Town White Coffee Classic 3in1」 コーヒー豆は、Liberica リベリカ種、Robusta ロブスタ種、Arabica アラビカ種の「三原種」をブレンドした3イン1。基本に忠実です。
パックは、15スティック入りの大袋お徳用サイズ、その他にBOXタイプ(10本)入りがあります。


1スティックは、40g入りで180ml 1カップ分。


白いパウダーに黒がまじったサラサラパウダー。

お楽しみ方

Cara Penyediaan Preparation Method
調製法の準備
スティックを開けパウダーをカップに移します

Air Panas, Hot Water
180ml(180cc)のカップに、
80度前後のお湯を注ぎ良くかき混ぜます
賞味期限は2014/12/06  製造後およそ2年ほど


熱湯を注ぎ、しっかりかき混ぜます。


熱湯を注ぐと白く泡立ち、ふぁっと甘くビターな香りが立ちこめます。ミルクティーの様な色合い、お湯を入れてもカップの底には溶け残りがありますのでしっかりとかきまぜてください。


『白珈琲』ホワイトコーヒーと呼ばれる東南アジア独特の珈琲、地元では食後に親しまれるようです。

 しっかりとコーヒーの香りがするものの、一般のコーヒーに比べると苦味は少なめでかなりマイルド。分量通りに入れると、ややネットリとした粘りけが僅かに残り乳製品と油脂が残るせいか、どちらかというと舌触りはあまりサラッとはしてはいません。
 ブラック缶コーヒーにも含まれる、コーヒー豆から出る油分を安定させ品質を保つために使われる『乳化剤』を使用。
(珈琲は薄めが好きなので、私的にはちょっと薄めがお気に入り)

更に、甘蔗と呼ばれるケインシュガー(サトウキビ)を使ってまろやかな甘さを出してます。 ミルキーでどっしりとしたコクとサトウキビ糖の甘さ、そしてほのかに後に残る深い苦味と甘党な方向けの珈琲で、牛乳アレルギーがある方はちょっとオススメは出来ませんが、コーヒーの苦味が苦手な方は飲みやすいと思います。

ちょっと仕事で疲れた時に午後のコーヒーをお菓子と共に一服するには良い飲料ではないでしょうか。


国内販売では、ANGIN MALAYSIA さんのHPでも販売されてるようでこちらは1400円とお得なお値段です
いかがでしたか?
ブログ村 ランキング参加中

にほんブログ村
Old Town White Coffee - The Delivery



コメントはこちらへ

TOPページヘ
舶来品セレクション
Copyright (C) 2011- Tama Ani All rights reserved.